禁煙を成功させる超ヒント集

禁煙を成功させるためのアイデアを紹介します

たばこと病気

たばこと自律神経との関係と禁煙後に体に与える影響




禁煙を開始して2,3日してくると、無性に喫煙したくなる瞬間に襲われます。これは、ニコチンに犯されている脳の仕業です。ニコチン自体は喫煙後、速やかに体外排出プロセスが働くのですが、脳神経細胞は、どうしても日々大量に送り込まれていたニコチンを受け取る仕組みをすぐには治せません。

ですので、ニコチンが体内に入ってこないと、悲しいことにどうしても不快感を感じてしまうわけです。不快感を感じるだけならいいのですが、神経伝達物質が途絶えるので、無気力、無感動、無関心という禁煙うつ(鬱)に陥ってしまうこともあります。この状態は自律神経と深く関係しています。

そもそも自律神経ってなんだろう

厄介な禁煙うつ(鬱)ですが、実は自律神経失調症に似ているとされます(軽度ではありますが)。そもそも自律神経は、呼吸や循環、消化、体温、代謝などといった機能を制御する神経で、「闘争の神経」とも呼ばれる「交感神経」と、「休息の神経」とも呼ばれる「副交感神経」から成り立ちます。

交感神経の働き

体が動いている時に働きます。(活動中・緊張時・ストレスを受けた時)

副交感神経の働き

体が休んでいる時に働きます。(睡眠中・休息時・リラックスしている時)

2つの神経は1方が活動中はもう1方は抑えられており、常に交互に活動を行っていて決して同時に働く事はありません。絵のように上手くバランスが取れているからこそ精神の安定が保たれています。

このバランスが崩れた時に体から以下のような症状が発生します。

  • めまい
  • 汗発
  • だるい
  • 血圧の乱高下
  • 突然眠くなる
  • 脈が早くなる
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 生理不順
  • 情緒不安定
  • 怒りっぽい

…など症状の起こる場所や種類は多岐にわたります。

医師の支援を受けながら治療も

どうして失調症になってしまうのか、ストレスや成長期のホルモンバランスの変調などが犯人ではないかと言われていますが、原因ははっきりしておらず、診察を行う医師の中には「自律神経失調症は病気ではない」と考えている人が少なからず存在しています。

 

Head, Female

RondellMelling / Pixabay

一般の目では自律神経失調症の人がすぐに行動に移せない事を「やる気が無い」「さぼっている」などと言われる場合が多く風当たりが強いのですが、意を決して受診した専門家からそのような目で見られるのは本人にとってはとてもつらい事でしょう。

なかなか難しく重い面をもっている病気と言えます。

スポンサーリンク

禁煙により神経バランスに乱れが起こる?

で、この自律神経とたばことの関係に戻ります。ニコチンを取り入れていたころの体は、脳に届いたニコチンが作用してアセチルコリンという神経伝達物資を出させ、副交感神経を刺激してリラックスを生み出します

ところが、禁煙によりニコチンが途絶えると、「副交感神経が今までのようには働かない」という事態が生じてきます。交感神経と副交感神経にとって大事なのはバランスです。これが片方だけ十分に働かないので、失調(に似た)状態になるというわけです。

こうしたことを考えていくと、禁煙生活を上手く送っていくには、ニコチンとの闘いだけではなく、自分の自律神経をコントロールする方法も知っておく必要があります。さもないと禁煙がただひたすら耐えるだけの苦行になってしまいかねません。

ニコチンに組み替えられた脳神経が正常化するまでに3カ月かかるとされます。この90日間、どのような方法で自律神経を制御していくかが具体的な禁煙を成功させるカギとなるでしょう。

自律神経を整えれば禁煙が成功する

実は禁煙を行うタイミングはいつでも良い訳ではありません。自律神経が乱れている状態で禁煙を行っても成功する確率はとても低いのです。本気で禁煙を目指すのならば自律神経のバランスを整えてから始めましょう。

自律神経を整える方法は意外と簡単です。

たっぷりと睡眠を取る

現代人は働き過ぎと言われています。

起きている時間が長ければ長い程、交感神経の働く時間が長くなります。

食生活を見直し、糖分や油分を控える

唐揚げ、カップ麺、お菓子などの糖分や油分の多い食品は食べた時に満足感が高いです。

すると交感神経が働きすぎてしまいます。

ストレスを抱え込まずこまめに発散する

ストレスは交感神経にとって大敵です。

発散する事でリラックス効果を得る事ができ、副交感神経を働かす事ができます。

早寝早起きで生活リズムを整える

決まった時間に寝て、起きて、を繰り返す事で交感神経と副交感神経の活動時間を整えましょう。これらを実践する事で自律神経は次第に整えられていきます。

自律神経が整った状態は体調も良い事が多いので、このタイミングで禁煙を始めると無理なく続けられるでしょう。

学校、仕事、家事などで日々忙しい毎日を送っていると、普通の事も中々できない場合があります。

「できない」と思ってしまう事がストレスに繋がり交感神経を刺激する事になるので、できない場合は明日はこうしてみよう。今日は代わりにこれをしてみよう。など、臨機応変に対応すると交感神経を過剰に刺激する事がありません。

諦めずにトライする事で少しずつ物事は必ず良い方向へと動き始めます。

禁煙中の精神状態とは?

喫煙者の多くはたばこを吸う事によって知らず知らずのうちに精神のバランスを保っている人が多いです。

  • 仕事でイライラした時に1本
  • 人から意見された時に1本
  • 手持ち無沙汰で1本
  • 人前に出る前に1本

思い返してみてください。様々なシーンがありますが、たばこを吸う事によって落ち着きを取り戻しているのはどれも同じではなかったでしょうか?

そのような人が禁煙を始めると「なんだか、たばこを吸っていた時よりも体調が悪くなった」と感じる人が多いです。

実際に「女性の香水の匂いが気になるようになった」「常に体がだるい」「肌が前よりも荒れてきた」と言った声があります。しかしこれらはニコチンによってマヒしていた感覚が禁煙によって冴えわたり、今まで気にしていなかった匂いや体調に関して体が敏感になったからこそ起こる事です。

要は交感神経と副交感神経との振り幅がタバコを吸っていた時は小さく、禁煙したら大きくなったので体が順応しきれていないだけなのです。

体調の悪化を理由にまたたばこを吸いだしてしまうと今まで頑張って続けていた「禁煙期間」そのものが無駄になってしまいます。禁煙の方法は人それぞれですが、ヘビースモーカーだった人がいきなり1本も吸わなくしたり、家中のたばこを捨てて誰かに監視してもらうなどの極端な禁煙方法は精神的にあまりよろしくない方法だと言えます。

話は戻りますが、たばこで精神の安定を得る事は決して良い方法とは言えません。

何せ有害物質を取り入れて「私は健康だ」と言っているような物なのですから。

禁煙を行う際は交感神経と副交感神経のバランスを取りつつ徐々に進めていける方法を探す必要があります。

精神が不安定な人こそ禁煙が必要

たばこは20歳を過ぎれば誰でも吸う事ができます。

それが病人であろうがけが人であろうが“誰でも”です。何が言いたいかというと、自律神経が侵された精神的に不安定な人でも吸う事が可能だという事です。このような人は「緊張を和らげる為」「パニックに陥らない為」「何かを始める前に落ち着く為」との理由からたばこに手が伸びています。

たばこを吸うと一瞬はリラックスできて心配していた事が気にならなくなるでしょう。しかしその状態を得る為にたばこを吸い続けてしまうと、今弱っている神経がもっともっと弱くなり、更にはマヒして元に戻らなくなってしまいます。

そうなるともうアリ地獄の様な「精神の不安定」から抜け出す事ができなくなってしまいます。このような人がたばこをやめると体と精神の両方に目に見える変化がたくさん起こります。今の状況から一刻も早く脱したいと思うのならば、まず最初にたばこをやめる事をおススメします。

たばこを吸っている人は自分に弱い人?

みなさんたばこを吸っている人のイメージってどんなものがありますか?

もしかすると「ちょっと悪くて格好いいな」とか「仕事ができそうな人だな」と思っているかもしれません。

でもちょっと待ってください。

今までのたばこと自律神経の関係などを見てみると、実はたばこを吸っている人って「やめたくてもやめられない、自分に弱い人なのでは?」と思われる方も多いのではないでしょうか。

もちろん見た目には格好いい人も要るでしょう。

仕事ができる人も要るでしょう。

でもそれは「外から見た光景」だけであって、本人の思いは目に見えません。喫煙者の方には厳しいですが、これから道でたばこを吸っている人を目にしたら「自分に負けた人なんだな」と思われている可能性があります。

よく「禁煙は自分との闘い」と言われます

たばこを吸わない人からすれば「たばこをやめるだけなのに何でできないの?」と疑問を持つ人も多いです。その為、上記の言葉を聞いても「そんな大げさな…。」となります。しかし1度でもたばこに手を出した事のある人にとっては実に重みのある言葉です。それは「たばこをやめるやめない」だけでなく、「自分をコントロールする事が必要」とわかっているからです。

たばこを吸う→自律神経が乱れる→禁煙を決意→禁煙が失敗→たばこを吸う

この一連の流れを止めるには強い意志を持ってどこかで断ち切らなければなりません。

たばこを吸う×自律神経が整う→禁煙が成功→たばこはもういらない!

1日でも早くこのような流れに変わるように闘いに打ち勝つ努力をしましょう。









オススメ記事

-たばこと病気
-, , , ,

Copyright© 禁煙を成功させる超ヒント集 , 2018 AllRights Reserved.