禁煙を成功させる超ヒント集

禁煙を成功させるためのアイデアを紹介します

禁煙コラム

喫煙者が覚えておくべきタバコを吸うメリットとデメリット

「タバコは百害あって一利なし」とは昔からよく言われていますが、「本当にそうなの?」と思う人も多いのではないでしょうか。この記事では喫煙をすることによるメリットとデメリットを紹介します。喫煙を続けるも良し、禁煙するのも良しなので、その人の自由ですが、しっかりとメリットとデメリットを理解した上で自分に良いと思う方を選択しましょう。

タバコを吸うメリットは2つ

タバコを吸うことによる明確なメリットは実は2つあります。具体的にどのようなメリットがあるのかというと・・・

  • 1.イライラしている時などに落ち着くことが出来る。
  • 2.喫煙者同士であるだけで、非常に人と親しくなれる

これがタバコを吸うことによるメリットです。タバコは良くないと言われつつも、2つくらいは良い所はあるのです。これらを具体的に説明すると・・・

1.イライラしている時などに落ち着くことが出来る

これはタバコを吸っている人なら皆さん感じたことがありますよね。タバコというのは、意識をしていなければわからないかもしれませんが、吸って煙を吐くたびに深呼吸をしているのと一緒なのです。そのため何か良くないことが起きて、イライラしている時にタバコを吸うと、落ち着くことが出来ます。
もちろんイライラしている時だけでなく、仕事でミスをして気持ちが落ち込んだりした時にタバコを吸うと、「よし、頑張ろう!!」という気持ちになることも多いですよね。こういった面ではメンタル面での気持ちを切り替える効果があると言えます。イライラしている時、気持ちが落ち込んでいる時などはタバコを吸うことで気持ちの切り替えが出来るアイテムとしてのメリットがあります。

2.喫煙者同士であるだけで、非常に人と親しくなれる


これはよく言われる「タバコミュニケーション」というものです。今の時代、なかなかタバコを自由に吸うことが出来る空間や場所は非常に少ないのが実情です。会社を例にすると、タバコを吸える場所はせいぜい会社に用意された喫煙所くらいのものです。そのためその会社でタバコを吸う人は必然的に一か所に集まるようになります。すると不思議なことに、役職が自分より上の方や、部署が違って普段の仕事で接する機会がないような人とでも、不思議とその空間に集まるだけで、親しくなってしまうことが多いのです。タバコを吸う人自体が少なくなってきた世の中だけに、喫煙者同士の連帯感が非常に強くなっているのです。そのため、「タバコミュニケーション」をキッカケに、思わぬ縁やビジネスチャンスに恵まれることも非常に多いのです。

それでもタバコを吸うデメリットの方が明らかに多い

喫煙者には耳の痛い話ですが、タバコを吸うデメリットはメリットより多くあります。これらのデメリットは残念ながら事実なので、喫煙を続けるのであればこれらのデメリットをしっかり理解した上で続け、やはりデメリットが大きすぎると感じる方は禁煙をすることをオススメします。

  • 1.タバコを吸わない方にとっては、明らかにタバコの臭いは不快
  • 2.タバコを吸い続けるには多額の費用がかかる
  • 3.健康面では自分にも周りにも明らかに良くない
  • 4.最早タバコを吸える場所が明らかに少ない

この4つがタバコを吸う上でのデメリットです。これらのデメリットについて一つ一つ詳しく内容を紹介していきます。

1.タバコを吸わない方にとっては、明らかにタバコの臭いは不快

これは吸っている本人はなかなか気付かないことですが、タバコを吸わない方にとってはタバコの臭いは非常に不快な思いをさせています。しかもこれは喫煙者同士であっても起こることで、「アイコス」や「グロー」などの電子タバコを吸う方にとっても紙タバコの臭いは不快に感じさせています。まだその場でタバコの臭いがするだけなら良いのですが、服や髪にもタバコの臭いは移ってしまうので、非常に周りにとっても迷惑なのです。同じ空間で吸わなかったとしても、吸っている本人からはタバコの臭いが常にしているため、周りにはその場で吸う・吸わないに関わらず、臭いによって不快な思いをさせてしまうことは避けることが出来ません。

2.タバコを吸い続けるには多額の費用がかかる

これも意識をしていないと分からないことの一つです。タバコを吸う人にとってタバコ代というのは食事代のようなもので、一日の生活の中で必要不可欠な出費です。しかし、非常に大きな費用が掛かっていることをご存知でしょうか。現在であれば480円のタバコを吸っていた場合、一日一箱の消費で、一か月で14,880円もタバコに使っています。これが一年となると年間で178,560円もタバコ代に使っていることになります。これはタバコを吸わない人にはない出費です。タバコを吸っているうちに知らず知らずに多くのお金を消費してしまっていることは明確なデメリットなのです。今はこの程度の金額で買うことが出来ますが、今後は、税金が上がってくるのは間違いないので確実に値段は上昇していきます。どんどん費用面でのデメリットは増えていくので、どこかで禁煙を決断することが必要になります。

3.健康面では自分にも周りにも明らかに良くない

タバコが吸っている本人の健康を害するというのは、避けられない事実です。脳卒中・肺ガン等の病気のリスクが、タバコを吸わない人と比べて何倍にも膨れ上がってしまいます。それを承知で本人は吸っているのでまだ良いのかもしれませんが、タバコの副流煙を吸った周りの人にとっても健康を害する大きなリスクがあります。つまり、知らず知らずのうちに非喫煙者の健康をも悪影響を及ぼしてしまっているのです。もし誰かが居る空間でタバコを吸うのであれば、周りの人に健康の面で大きなリスクを与えているということを忘れてはいけませんし、出来るならタバコを吸わない人がいる場合は、喫煙は控えた方が良いです。タバコを吸うことは、自分にも他の人にも健康の面で大きなリスクがあるということを忘れてはいけません。

4.タバコを吸える場所が明らかに少なくなってきている

5年前、10年前と比較しても明らかにタバコを吸える場所自体が激減しています。10年前は東京駅構内に多数喫煙所がありましたが、今となっては東北新幹線のホームにある数か所の喫煙所のみという状況です(蛇足ですが東海道新幹線は、新幹線内に喫煙所があります)。飲食店などはほぼすべてが禁煙ですし、バーのようなお酒を飲む場所であっても今では禁煙のお店が非常に多いのが現実です。当然ルールを犯してタバコを吸うことはNGですし、逆にあまりに吸う場所が少ないことが、タバコを吸う人にとってもストレスになってしまっているというのは事実です。世の中の時流に合わせて禁煙を検討することも良いのかもしれません。

まとめ

喫煙者が覚えておくべきタバコを吸うメリットとデメリット、いかがでしたか?主にタバコを吸うことによるメリットはメンタル面人間関係の構築が明確なメリットです。そしてデメリットは健康面、周りへの迷惑、金銭面など多岐に渡ります。これからもタバコを吸い続けるのであれば、TPOをわきまえてタバコを吸うことが必須です。もし可能ならば加熱式タバコなど、周りへの迷惑を最小限に出来るタバコを吸うことが必要ですよね。もし今回紹介したデメリットを十分に理解出来たのであれば、禁煙にトライすることオススメします。費用面でもそうですが、今後も喫煙者に対して肩身の狭い状況は悪化していく一方です。タバコを吸う方は、今回紹介したメリット・デメリットを天秤にかけて今後もタバコを吸い続けるか、それとも禁煙するのか、是非考えてみて下さい。







オススメ記事

-禁煙コラム

Copyright© 禁煙を成功させる超ヒント集 , 2018 AllRights Reserved.