禁煙を成功させる超ヒント集

禁煙を成功させるためのアイデアを紹介します

禁煙コラム

アイコスなど加熱式タバコは禁煙エリアでも吸える?ホテルなど4箇所を検証

紙タバコとはルールが異なり、一部の飲食店等では、「アイコス」「グロー」「プルームテック」などの加熱式タバコのみ吸うことが出来る場合があります。しかし、いざ行ってみて何も確認せず吸って注意されたらどうしよう・・・と考えてしまいますよね。この記事ではそんな皆さんの疑問を解消すべく、実際に4箇所で加熱式タバコを吸うことが出来るのか、検証してみました。

1ホテルの禁煙部屋の場合

お仕事の出張等の際、喫煙部屋の予約を取ることが出来ず、泣く泣く禁煙部屋に宿泊することになってしまうケース、皆さんも経験があると思います。実際最近ではホテルの部屋も喫煙部屋が激減しているのも事実です。そんな場合に禁煙部屋でも喫煙は可能か疑問に思う方がいるでしょう。

禁煙部屋では加熱式タバコも紙タバコと同様NG

ホテル側からすれば「アイコス」「グロー」「プルームテック」など加熱式タバコも紙タバコと同様の結論という扱いの場合が多いです。まあ、いくら匂いが残り辛いとは言え、人によっては匂いで気付く方も居ますしね!実際「グロー」を吸う筆者も、「アイコス」と匂いが違うために誰かが「アイコス」を吸った空間に行くと、「誰かが、アイコス吸ったな。」と気付くケースがあります。基本的にはホテルの禁煙部屋では、加熱式タバコはNGと考えた方が身のためでしょう。

※注意
ルールを犯して喫煙した場合、場合によっては、クリーニング費用として損害賠償を請求される恐れもあります。

また、ホテルの中には【IQOSルームプラン】【加熱式タバコ専用ルーム】というお部屋の名前で加熱式ならOKとしている部屋があります。ホテルを予約する段階でアイコスがOKな部屋がないかチェックしてみるのもよいでしょう!

2駅やコンビニエンスストアのトイレ

朝の長時間の通勤の際、特に東京都内の方であれば、駅構内や付近に喫煙所があることも稀なため「どこか吸える所はないか・・・」と考えたことのある方も多数いるかと思います。「アイコス」「グロー」「プルームテック」などの煙は水蒸気のため、実際火災報知器にも反応はしないのですが、どうなのでしょうか。

駅構内のトイレは明確にNGではないが限りなく黒に近いグレー

加熱式タバコがNGという記載がないだけで、基本的にNGと考えた方がよさそうです。確かに匂いは残り辛い可能性は高いですが、とはいっても鼻が利く人であれば普通に気付く程度の匂いは残ります。駅員さん等に注意を受けたという話も聞きませんが、他の方から指摘があれば、注意をされるようなことも今後起きうる可能性は高いです。

コンビニもNGと考えた方が良い

喫煙用の灰皿が入口付近に設置してあるコンビニであれば、そこで吸えば問題ないと言えますが、そうではないコンビニも東京都内にはたくさんあります。実際、火災報知器が反応しなければ問題ないかと考えるかもしれませんが、こちらも匂いは残りますし、何より数が少ないコンビニ内のトイレを、本来の用途以外で占拠してしまうと倫理的にもNGと言えます。店舗によっては加熱式タバコと明言がなくても、「本来のトイレの利用意外での使用を禁止」と記載している店舗も、筆者自身見かけることも多数あります。そういった場合はコンビニのスタッフの方から注意を受ける可能性は非常に高いと思われます。非喫煙者からしてみれば「匂いが少ないだけでタバコはタバコではないか」という考えもある以上、愛煙家のマナーを疑われるようなことは避けた方が良いと言えます。

3飲食店の禁煙席

飲食店の禁煙席でも「アイコス」「グロー」「プルームテック」などの加熱式タバコであれば紙タバコとは違い、それほど臭いが強くないため、吸っては良いのではないかと考える方もいるようですが、実際のところはどうなのでしょうか。

禁煙席では加熱式タバコもNG

明確に記載があるわけではありませんが、どの飲食店でも例え加熱式タバコであっても種類問わず禁煙席はNGです。特に飲食店等は食事をする場所なため例え匂いが少ないとは言っても、その辺りのジャッジは非常に厳しいと言えます。確かに非喫煙者からすればタバコの匂いのせいで料理の風味が変わってしまうと嫌ですからね!もしどうしても吸いたいという方は店員さんに問題ないかを確認した上で、というのが望ましいでしょう。

禁煙席ではNGでも、加熱式タバコのみ可という席も

確かに上述の通り禁煙席はNGではありますが、実際店舗によっては、「加熱式タバコのみ喫煙可」という席が存在します。こういった場合はその席に限り加熱式タバコを吸うことがOKになっています。ただ、こちらも営業時間中ずっとOKという訳ではなく、店舗によっては混み合う時間(お昼等)はその席でも不可という場合もありますので、店舗ごとのルールを事前に確認しておくと、気持ちの良い一服が出来ると思います。

LINEでアイコスが吸える飲食店を検索できる便利な機能が

LINEで自分が今いる現在地からアイコスが吸える飲食店を検索できるサービスが始まりました。レストラン、カフェ、バーなどアイコスが吸える場所を検索可能です。

https://line.me/R/ch/1489654470/registration?c=fromIQOSJP

スマホから、こちらのQRコードかリンクより「追加」をして使うことができます。

4東京都区内など路上喫煙が禁止されているエリア

都市部等はご存知の通り、路上喫煙が禁止されているエリアが多数あり、ルールを守らなかった場合、罰金もあります。しかし、「実際に紙タバコをベースに制定されたルールだし、加熱式タバコに関してはどうなんだろう?」と思われる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。実際に加熱式タバコのみ路上喫煙可という地域もあれば、明確に加熱式タバコも紙タバコと同様にNGという地域もあります。

大阪市、仙台市、名古屋市に関しては、問題無し!!

大阪市、仙台市、名古屋市に関しては、ルール上加熱式タバコは路上喫煙可と決められているため問題無し。こういう形で行政からのお墨付きがあると気持ち良く吸うことが出来ますよね。特に仙台市に関しては、「グロー」が先行発売された地域でもあるので、加熱式タバコに対する理解が他より深い地域でもあります。ただ仙台市でも紙タバコ自体で路上喫煙の禁止だったせいか、あまり加熱式タバコで歩きタバコをしている人も見かけることもあまりなく、加熱式タバコであっても、定められた喫煙所で吸っている方の方がほとんどという印象を受けます。

上記以外の市ではNGもしくは、明確な記載がないためグレー

横浜市や広島市などでは明確に加熱式タバコもNGとされているため、路上喫煙をした場合は罰則があります。東京都内にも多数、路上喫煙が禁止されているエリアはありますが、明確に加熱式タバコもNGとしているのは大田区、渋谷区、品川区のみではありますが、それ以外ではOKもしくはグレーという状況です。元来、路上禁煙は紙タバコに対して多くの自治体が制定したもののため、法整備が現状追いついていないというのが実情です。しかし、あくまでも法整備が追いついていないため明確に禁止されていないというだけのため、加熱式タバコを路上喫煙する場合には、周りに迷惑を掛けないかを十分に考え喫煙することが重要です。

基本的に加熱式タバコも禁煙エリアでは禁止と考えるべき

以上、アイコスなど加熱式タバコは禁煙エリアでも吸える?ホテルなど4箇所を検証でしたが、加熱式タバコの愛煙家の皆さん、いかがでしたでしょうか。一部の例外を除けば、「基本的に禁煙エリアでは加熱式タバコも不可」という考えのもと行動した方が、後で嫌な思いをすることもないと考えられます。飲食店などでは認められた加熱式タバコの喫煙席もあるくらいですから、今後このような状況が広まっていくと愛煙家としては嬉しい限りです。いくら周りへの害も、紙タバコと比較すると少ないとは言え、マナー次第では将来的に紙タバコと同様に、扱われてしまう可能性も高いと言えます。しっかりと周りへの迷惑等を考え、加熱式タバコを楽しんでいきたいものですね。







オススメ記事

-禁煙コラム

Copyright© 禁煙を成功させる超ヒント集 , 2018 AllRights Reserved.