店内全面禁煙を掲げている大手飲食店やカフェのまとめ

マクドナルドの全面禁煙化のニュースも記憶に新しいところですが、喫煙者と非喫煙者の空間を分ける分煙から、全面禁煙を掲げる飲食店が国内でも増えてきました。

ごはん食べようかなと思っている店が、分煙か全面禁煙かを個別に調べるには、禁煙スタイルさんぐるなびさんが便利ですが、チェーン店全体で完全禁煙をしている飲食店を知っておくだけでも、急ぎや不慣れな土地では何かと便利なもの。今回は同上のサイトや各社のプレスリリースなどを参考に、全面禁煙を掲げて事業展開をしている大手飲食店やカフェをまとめてみました。

目立つ牛丼チェーン!

  • 大戸屋
  • 本社東京、1958年創業の和定食を中心とする外食チェーンストア。2014年3月31日現在で347店舗(国内308店舗、海外75店舗、※フランチャイズ含む)

    http://www.ootoya.jp

  • カフェコムサ、ベリーカフェ
  • 本社東京、1996年創業、コムサグループで和の心で洋菓子を提供するカフェ&レストラン。国内で33店舗を展開。

    http://www.cafe-commeca.co.jp

  • 神戸屋レストラン
  • 本社神奈川県海老名市、1975年創業、中堅パンメーカー神戸屋のレストラン部門。関東・関西を中心に国内で39店舗を運営。

    http://www.kobeyarestaurant.co.jp

      

  • すき家
  • 本社東京、1982年創業、ゼンショーグループ。国内最大の牛丼チェーンで2012年9月時点で1856店舗を展開中。フランチャイズを置かず全店直営でも有名。

    http://www.sukiya.jp/

  • スターバックス
  • 本社アメリカ・ワシントン州シアトル、1971年創業の世界的なコーヒーチェーン店。通称「スタバ」。世界60カ国・地域で約2万店舗(国内では1034店舗(鳥取除く。ライセンス店舗含む)

    http://www.starbucks.co.jp/

  • なか卯

  • 本社東京、1966年創業、ゼンショーグループ。丼ぶりやうどんを中心に全国展開。国内489店舗。

    http://www.nakau.co.jp/jp

       

  • マクドナルド
  • 日本マクドナルド本社は東京。1971年創業。言わずとしたアメリカに本社を置く世界的ハンバーガーチェーン。国内で3300店舗

    http://www.mcdonalds.co.jp
       

  • 松屋
  • 本社東京。1975年創業。牛丼やカレー、定食などを提供。国内で1000店舗

    http://www.matsuyafoods.co.jp

  • 吉野家
  • 本社東京、1899年創業。「よしぎゅう」で知られる老舗牛丼チェーン。国内で1200店舗、海外とグループ含むと2881店舗(2014年7月現在)

    http://www.yoshinoya.com

  • ロクシタンカフェ
  • 日本本社東京、仏に本社を置く化粧品メーカー「L’Occitane」が運営するカフェ。都内3店舗、南仏プロヴァンスをイメージした店内は女性に人気。

    http://www.loccitane.co.jp/cafe/

店内全面禁煙作戦から見えてくる顧客戦略

全面禁煙を打ち出している飲食店やカフェから見えてくる特徴が3点見つかりました。

1:アルコールが主力商品ではない

 やはり、お酒が売りになる居酒屋では分煙は進んでいますが、全面禁煙は抵抗があるようです。スモーカーはお酒を吸うとたばこをすいたがる傾向が強くなりますから、難しいのでしょうね。

2:客の回転が速い。商品単価も低め

ひと組の顧客の人数が少なく、客の回転が速いということがとても重要な戦略になっています。この場合、回転数を上げることはとても大事ですので、食後に席でのんびり一服されるよりは禁煙によってとっとと退店してもらう方がいいのかも知れません。

3:ターゲットの客層が絞れている

女性客狙いのカフェやファミリー重視のマックは明らかに客を振り分ける方向へかじをきっています。逃げていくスモーカーよりも、「たばこ臭くない環境」を選ぶ方が商機あり、ということなのでしょう。

photo credit: xiu×5 via photopin cc

photo credit: xiu×5 via photopin cc

まとめのまとめ:スタバはやっぱりちょっと異質

アルコールこそ提供していませんが、上記3法則でみていくとスタバの「たばこノー」「長居OK」という戦略はちょっと異質な感じがします。

同系統の他店との差別化という点では明らかに優位かとは思いますが、スタバ人気店における席の占有率は異様に高いので、いつか人気の高さを「スタバ混んでるからやめとこう」という敬遠気分の方が上回っていくような気がしてハラハラしてしまいます。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ