喫煙者は絶対知っておきたい口臭の問題と対策

喫煙者であれば、誰でも口の臭いを気にしたことがあると思います。私もたばこを吸っていたころは、歯磨きをしたり、ガムを噛んだりして臭いを消そうと努力していました。ですが、喫煙直後は肺からも呼気として臭いがはき出されるので、こうした努力はあまり効果がありません。それどころか、食事後に一服して、さらにコーヒーやガム、アメで誤魔化そうとすると強烈な「悪臭コンボ」となる危険が増大します。「良かれ」と思っていた行為が、実は周囲のひんしゅくを買っている場合もある典型ですね。

とにかく唾液をだそう!

Smellたばこが嫌われる理由の中で、臭いの問題は上位にランクされます。特に口臭はデリケートなので面と向かっては指摘しづらい面もあります。「自分は臭くないよ」という喫煙者の方もいるでしょうが、自分の臭いはなかなか嗅ぎ分けられない上、喫煙者の嗅覚は非喫煙者より劣りますので、あまりあてになりません。

なぜ喫煙者の口臭がきつくなるのか? 鍵は唾液が握っています。唾液が正常に分泌されている非喫煙者の場合、歯磨きをそれほどマメにしなくても、食後1時間もすると唾液の浄化で臭いがだいぶ緩和されます。ところが、喫煙者の場合、ニコチンが唾液分泌を抑制し、しかも利尿作用があるため、体内の水分低下が起きるため、口腔内が乾いた状態になってしまいます。

臭いを臭いで消そうとしてもダメ

しかも「におい消し代わりに」と、コーヒーや紅茶を飲むと、カフェインも利尿効果が加わりますから、どんどんカラカラになります。そして、口腔内が乾くと、臭いの元となる雑菌がモゾモゾと繁殖して、もわわ~んとしたあの独特の悪臭を放つようになります。たばこの臭いをほかの臭いで消そうというのは、たばこの場合、より事態を悪化させると思った方がいいです。「口の中が渇くと、雑菌が繁殖する」という理屈で考えていくと、口呼吸をしている人はさらに注意が必要です(口呼吸している人は朝起きた時が一番臭いがきつくなっている恐れがありますよ)。

口腔内で雑菌が繁殖するということは、歯周病、歯槽膿漏、虫歯、口内炎などの病気リスクも一緒に背負い込んでしまうことでもあります。さらにニコチンは血管を収縮させますので、一度罹患してしまうと、新鮮な血液が届かないことから、坂をころげ落ちるように一気に症状が悪化するケースも目立ちます。将来的には歯茎が腐り、歯を根こそぎ失う危険もあることを認識しておきましょうね(と、かつて歯科医から指摘されました(хх,))

まずはうがいと水分補給

では、口臭対策にはどうすればよいか、となりますが、まず、喫煙者は日頃からこまめな水分補給を続けることです。そして、可能であれば、喫煙後や食事後はうがいをするとよいと思います(うがいした後の水は飲んじゃ駄目ですよ)。歯磨きも有効なのですが、歯磨きよりもうがいです。実は悪臭の元となる雑菌は喉奥にも潜んでおり、歯磨きだけでは十分にキレイにならない場合もあります。

ガムも有効ですが、まずはうがいや歯磨きで原因菌を追い出してからにしましょう。また、せっかくなら、抗酸化作用が強く、口臭予防効果が期待できる「フラボノイド」配合の種類がおすすめです。ガムはただ漫然と噛むだけではなく、時折、口の中でくるくると丸めて、舌の下に潜り込ませたり、舌の表面をころがして唾液の分泌を促すとさらに効果アップですよ。

鼻つまみ者にならないために

最後になりますが、私は喫煙していたころ、何度か「口臭い」と言われたことがありますが結構グサッとくる言葉です。神経の過敏な人なら、ちょっと対人恐怖症気味になってしまいます。喫煙者の口臭は自分の鼻があてにならないので相当な自覚が必要です。

そして一番の対策は禁煙です。胃腸などの病気で発生する口臭と違い、喫煙による口臭は禁煙で避けられるものです。だらだらとたばこを吸い続け、名実ともに「鼻つまみ者」になる前にぜひ禁煙されることをおすすめします。

〈SponsorLink〉
気付いてないのはあなただけ?口臭予防に『なたまめ歯みがき』

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ