乗り物酔いの原因はたばこ?→禁煙車化で酔わなくなった!

あなたが車内で吸うたばこ。これが家族や友人たちの乗り物酔いの原因かもしれません。

乗り物酔いは非常にデリケートな病で、車の揺れなどに伴う直接的な原因と視覚やにおい、寝不足などの間接的な原因があるとされます。

特に子どもの場合、大人よりも肉体的、精神的にも未熟な部分が多いためか、もろに症状が出てしまうケースも少なくありません。今回は乗り物酔いとたばこについてまとめてみたいと思います。

子どもが乗り物酔いしやすい

Acceleration!筆者の勤め先はマイカー通勤がほとんどなのですが、先日、Yさんのマイカーで大崎市まで乗せていってもらう機会がありました。

「うちの子、車に乗ると必ず酔うんだよねぇ」

Yさんが言います。Yさんの運転はとてもなめらかで、助手席の筆者は意外な感じがしました。ですが、Yさんがたばこをくわえて、車に備え付けの灰皿を引き出した時、ものすごいたばこの臭いが立ち上りました。

「Yさん、そのたばこが原因かもしれませんよ

筆者の言葉にYさんは「え、そうなの?」と驚きを隠せない様子でした。

乗り物酔いと自律神経の関わり

一般的に乗り物酔いは、各種の乗り物による振動や揺れが原因となって、耳の奥にあるにある「三半規管」が体のバランスを取れなくなったときに起きるとされます。

実は乗り物酔いの症状は「自律神経」と深い関わりがあり、めまいや頭痛、吐き気、動悸などの諸症状は自律神経失調の時と同じともいわれます。乗り物酔いが加速病のほか、動揺病とも呼ばれているのはこの自律神経との関わりが大きいからかもしれません。

乗り物酔いの主な原因

乗り物酔いの主な原因はやはり「振動、加速、減速、揺れ」が一番なのですが、視覚や体験、臭いといった感覚にも左右されます。海や川の映像を見ているだけでも酔ってしまったり、読書やゲーム機などで遊んだりすると酔ってしまうというケースがこれに当てはまりますね。

さらに、たばこやガソリン、排気ガスの臭いもやはり酔いを助長してしまいます。しかも脳内で「悪臭→吐き気」というイメージが強すぎると、「悪臭のする車に乗る→気持ち悪くなる」という暗示効果も強くなってしまう恐れもあります。

Yさんの一大決心

さて、仕事を終えて自宅に帰ったYさんは子どもに「うちの車、臭いか」と尋ねたところ「うん」という答えが返ってきたそうです。そこでYさんは一大決心をして禁煙を始め、同時に車のクリーニングを専門業者に依頼しました。

Sarangkot Flight業者側からは「完全に臭いを取ることは難しい」と言われたそうですが、それでもシートをはずして内装のすみずみまで特殊洗剤で洗ってもらったところ、子どもさんからは「臭くない!」と喜ばれたそうです(ちなみに施工費は4万2000円…Yさん奮発しましたね)。

Yさんの子どもさんの場合、乗り物酔いの原因がたばこの臭いというのはどんぴしゃだったようで、禁煙、禁煙車化後は驚くほどぴたりと乗り物酔いが止まっているそうです。

もっとも、このケースでは「臭いが原因だったので、もう臭いを取ったから車に酔わない」という暗示効果も大きいように思いますが、ご家族の乗り物酔いに困っているご家庭で、車内で喫煙する人がいる場合、禁煙車化することで改善が期待できるかもしれません。

スポンサードリンク

2 Responses to “乗り物酔いの原因はたばこ?→禁煙車化で酔わなくなった!”

  1. あひる より:

    ポラさん初めまして!

    1年ほど前から拝見させていただいていて、
    やーっと禁煙を始めました!
    まだ10日ほどなのですが、
    おかげさまで今回は大丈夫そうです。

    何だか眠いな…?
    不安感も強い気がする…?
    と、それらを禁煙の影響だと知らなかった私。
    タバコがこんなにも体に悪影響を与えていると
    やめてからやっと気づくことができました。

    何より主人が嬉しそうで、
    いい匂い~と言ってくれます♪

    禁煙のつらさは人それぞれですが
    それ以上の楽しいことが待っていますね!

    色々勉強させていただいて、
    本当にありがとうございます!

    くじけそうなときはまた、
    読ませていただきます★

    • polaris より:

      あひるさん、こんにちは! 禁煙スタートおめでとうございます! 
      1年前からブログを見ていただいていたなんて感激です! 

      禁煙10日ということであれば、一番苦しいとされる期間は過ぎているので
      このままいけるのではないかな、と思いますよ!

      眠さや不安感など、ニコチン依存はいったん脳に組み込まれてしまうと
      いろいろ悪さをしてくる厄介なシロモノですが、やめられないことはありません。

      ご主人が嬉しそうというのもいいですね! 仰るように禁煙中つらいときには、
      楽しいこと、いいことをいっぱい思い浮かべましょう! 

      くじけそうな時に限らず、いつでも歓迎です! 
      これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

このページの先頭へ