禁煙を成功させる超ヒント集

禁煙を成功させるためのアイデアを紹介します

禁煙のメリット 禁煙の方法 禁煙コラム

「たばこを休む=休煙」という選択肢は簡単ですよ

投稿日:

逆説的になるかもしれませんが、あんまり禁煙禁煙と気負わない方がいいんじゃないかなとも思います。たばこを吸う人間の大半がニコチン依存症という病気だと言う医師は多いです。病気ですから治療が必要なレベルなのですから根性とか気合とかの精神論でコントロールしようというのはなかなかにハードルが高い、そんな気がするのです。

禁煙にプレッシャーを感じてしまう

「そんなんじゃいつまで経ってもたばこを止められないじゃん!」
はい。確かに仰る通り。まったくもって正論です。禁煙を成功させるためには、どこかでたばこを断ち切らなくてはなりません。

でも、喫煙者のみなさんにとっては「たばこと別れる」というのはかなり怖い。最近ではスマホ依存症の人も増えていると聞きますが「スマホと別れる」よりも怖いと思う人は多いかもしれません。

ニコチン依存症というのは、それだけ深く心身に食い込んでいる習慣です。本当に「たばこが吸えるか吸えないか」という問題よりも「たばこを止めなくてはならない」という禁煙の心理的圧迫感自体にプレッシャーを感じて、その段階でもう変調をきたしてしまうこともありうると思うのです。

加えて、

「禁煙すると、うつ状態になってしまうのではないか」

「禁煙すると、太ってしまうのではないか」

「禁煙すると眠気に襲われるのではないか」

「禁煙すると落ち着かなくなるのではないか」

といった「禁煙すると○○になるのでは」という不安も無視できないでしょう。

不安

xusenru / Pixabay

吸ってしまっても休煙を再開すればOK

であれば、「未来永劫たばこは1本も吸わないぞ」という「絶対的禁煙」よりも、「まずはちょっとだけ、たばこを休んでみようか」という「休煙」の方が取り組みやすいかもしれませんし、プレッシャーも小さいと思いません?

やむにやまれず1本吸ってしまったとしてもいいんです。休煙をまた再開すればいいだけのこと。「自分は禁煙もできないダメ人間だ」とか「私は決めたことを守れない弱い心の持ち主だ」なんて悩む必要もありません。

休憩

skeeze / Pixabay

あまりに強く禁煙を決意してしまうと、心が折れたり、くじけたりして劣等感に苛まされ、結果ヘビースモーカーに逆戻りということもありえます。

休煙だって禁煙への立派な一歩

あまり気負わず。追い込まず。重度のニコチン依存症であればあるほど、今更1本2本吸ったからといって健康上それほど大差が出るとも思えないので、ここはのーんびり構えて、「ちょっとだけたばこ休もう」から始めてみる価値はあるでしょう。

1本も吸わないという絶対禁煙が短距離型なら、休煙は長距離型の手法です。目標は禁煙というゴールにたどり着くことであって、途中歩いても止まっても構わないじゃないかなと。

Marathon

skeeze / Pixabay

ゴールに近付くのを早めたければ、どんなタイミングでたばこが吸いたくなってしまったかをメモしておくと対処方法も考えられます。短距離型禁煙もかっこいいですが、長距離型禁煙だって捨てたもんでもありません。

今からでも休煙生活を始めて「お、今日は結構たばこ吸わずに済んだな」と1日の終わりに振り返ってみるのもいいと思いませんか? 簡単ではありますが、休煙というスタイルも立派な禁煙生活への一歩だと感じます。

 

-禁煙のメリット, 禁煙の方法, 禁煙コラム
-, , , , , ,

Copyright© 禁煙を成功させる超ヒント集 , 2017 AllRights Reserved.