禁煙を成功させる超ヒント集

禁煙を成功させるためのアイデアを紹介します

禁煙生活を始めましょう!

禁煙生活を始めましょう!

投稿日:2011-12-14 更新日:

はじめまして。ポラ(PolarisBird)といいます。元喫煙者です。

宮城県在住の会社員で、30歳を優に超えたおっさんです。はたち過ぎ(いちおう法令遵守)から13年超、たばこ吸っていました。喫煙のきっかけは、友達の前で格好つけるためだったのですが、1年もしないうちにすっかり、たばこに乗っ取られてしまいました。今思えば、馬鹿なことをしたもんです…。

生まれつき気管支が少し弱いせいもあって、30歳も過ぎてくると、冬が来る度に変な咳をするようになり、ステロイド入りの気管支拡張薬を処方されていましたが、それでも、たばこは続けていました…。

もがき苦しんで死ぬ

ある日の診察の時、かかりつけの医師からついに宣告されました。

「このままじゃ楽に死ねないよ」

さすがに、どきっとしました。喫煙が、がんや心臓病、脳卒中のリスクを高めることは、パッケージにも記載され、おぼろげに知っていたことですが「苦しんで死ぬ」というのは初耳です。

医師が言うには、私の場合、肺機能が年々破壊され、いずれは「酸素吸入器の世話になる確率が高い」というのです。呼吸器系が破壊されると呼吸運動が阻害されてしまうので、

「最終的には、息を吸うことも吐くことも難しくなり、ぜぇぜぇともがき苦しみながら死ぬ」

という説明でした。………恐いす。

その診察の帰り道は、もう「苦しんで死ぬ」フレーズがグルグル状態で、まずはアレン・カーさんの「禁煙セラピー」を買ってみて、「おー! なんか目からウロコ!」と感動したり、ニコチンパッチやガムなどの禁煙グッズや流行の電子タバコを取り寄せたりして、何日かは禁煙できてきたのですが、結局、なんども失敗。禁煙業界(そんな業界あるのか?)でいう「1本お化け」に負けて負けて。

で、また冬が来る度に変な咳が出るもんですから、なんて自分は弱いんだと、壁に頭ガンガンの自己嫌悪です。

禁煙に敗北はない!

でも、何百回目かの自己嫌悪の末、ふと思ったんです。

ニコチン、体に入れなきゃ勝ちなんじゃね?

…分かりづらくてすみません。あの、なんていうんでしょうか。私にとっての禁煙って、「あれも駄目」「これも失敗」の減点方式だったんですが、
このとき、ピコンと電球が光って加点方式に変わったんです。
1分、1秒でもたばこから離れると「+1」みたいな(Googleか)。でも、この一瞬でふっと心が軽くなり、万事がプラス思考です。本当、禁煙すると、いいことずくめ♪

  • 健康になる

  • 体力が戻る

  • きれいになる

  • お金が減らない

  • 迷惑がられない

考えてみると、本当、禁煙に敗北はないんですよね。
skyhigh

なにをどうしようが「たばこを吸わない」「ニコチンを体に入れない」と勝利なんです。どうでしょうか。これだけでも、いくらか、気持ちが楽になる気がしませんか? 「つらい」「苦しい」「難しい」と言われる禁煙ですが、そういった時期は一時期だけです。喫煙のトンネルを抜けると、そこには本当に明るくて清々しい生活が待っていますよ

このサイトでは私の体験を基に禁煙に役立つヒントをどんどん紹介していきます。

一緒にたばこに「さようなら」しましょう!

読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー [セラピーシリーズ] (ムックセレクト)

アレン・カー ロングセラーズ 1996-05-01
売り上げランキング : 481

by ヨメレバ

-禁煙生活を始めましょう!
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 禁煙を成功させる超ヒント集 , 2017 AllRights Reserved.