心理的喫煙衝動―その襲来のタイミング

私はニコチンが体から完全抜けているはずの禁煙7カ月目で吸ってしまったことがあります。大学時代の友人の結婚式二次会の席でした。軽い気持ちでの1本でしたが、次の日にはコンビニで、たばことライターのセットを購入していました。2本目、3本目と吸いながら、もう自己嫌悪です。

 心の禁煙の記事でも触れましたが、一度喫煙を覚えた脳は、どうにもこうにもニコチンの残像が残っているんですね。私の父は、たばこを止めて30年以上になりますが、今でも「夢の中でたばこ吸っていた」と話すことが時々あります。

生まれてから一度もたばこを吸ったことがない人は「たばこ=まずいもの」という図式がなりたつのでまず近寄らないのですが、喫煙者も元喫煙者も「たばこ=ちょっとした開放感」というプログラムがしっかり書き込まれてしまっているので、「おいでおいで」には非常に脆いです。

 禁煙生活が順調に推移してきたら「危険なのは非日常時、イベント時」というのが個人的な感覚です。民俗学的に言えば「ハレ」(非日常)対策ですね。日常(ケ)における心理的な喫煙衝動は、行動様式を変えることで対処が学べるのですが、非日常はいつ襲ってくるかあまり予測できないものなので、「特別な日だから特別に」という心の隙をぶすりと突かれてしまいやすいのでしょうね。

 非日常というのはなにも嬉しいこと、楽しいだけではなくて、悲しいこと、嫌なことも含みます。心理的喫煙衝動で、危険な非日常のタイミングを下にまとめてみます。こういうイベントに参加するときは、油断しないように(お互い)気を付けましょう。

  1. 結婚式
  2. marriage

  3. 葬式
  4. 哀しみのストレスや沈黙、待ち時間が多くてどうにも…。

  5. 近親者やペットとの死別
  6. 心中お察し申し上げますが、酒やたばこは深みにはまるので…。

  7. 退職
  8. 「こんな仕事やってられっかッ!」と辞表叩きつけた後、注意。

  9. 就職
  10. 「お? 新人。1本吸ってみる?」。悪い先輩がいるんですよ。

  11. 成人式
  12. 「お? 新成人。1本吸ってみる?」。悪い叔父がいるんですよ。

  13. 暑気払い
  14. 暑いので、ビールをジョッキでがーっと飲んで、つい…。

  15. 忘年会(新年会
  16. 命がけで酔っ払う方々にからまれたりすると、逃げたくなって…。

  17. 仕事での大失態
  18. 「え? ええッ?! こ、これ私の責任ですか?!!」

  19. 失恋
  20. 「ごめんね。いい人すぎて付き合えない」。はいはい、いい人いい人どうでもいい人。

  21. 離婚
  22. 離婚、というより、離婚をはさむ前後のゴタゴタ感がどうも…。頑張れ! ダルビッシュ!

  23. ひいきのチームの優勝
  24. やっほう! 優勝だ! 特別だ!(ベイスターズファン) 

  25. PTSDになるほどの恐怖体験
  26. 3.11大震災、本当凹みました。

  27. ギャンブルでの大勝ち(大負け)
  28. シャンパンで乾杯して、葉巻いっちゃうか! 寿司? 特上ね、特上!

  29. 徹夜作業
  30. 一夜漬け、何度目よ……。

スポンサードリンク

2 Responses to “心理的喫煙衝動―その襲来のタイミング”

  1. ター より:

    タバコの記憶というものは、ほんとに厄介なものですね。元喫煙者には、いつまでたってもこのリスクが残っている。特定のことに関する記憶だけきれいさっぱり消し去ってくれるクスリ、誰か発明してくれないものですかね。

    • polaris より:

      ターさん、こんにちは!

      本当に記憶は厄介です…。人間の脳は「意識して覚える」ことはできても「意識して忘れる」というのが苦手らしいので、フラッシュバックなどにも悩まされるのでしょうね。

      特定記憶を消し去る薬は、心臓病薬の副作用で起きる記憶障害を使う方法というのを数年前にどこかでみましたが、コントロールが難しそうですね。

コメントを残す

このページの先頭へ