禁煙を成功させる超ヒント集

禁煙を成功させるためのアイデアを紹介します

ニコチンの怖さ 禁煙コラム

禁煙への第一歩! まずは体の禁煙

投稿日:2012-01-05 更新日:

禁煙を始める上で最初の壁となるのはニコチンの禁断症状です。といっても意外と短くて、だいたい2~3日で体内からは排出されます。

みなさん、お風邪などで数日間たばこを吸わなかった後の一服が「あれ、いつもと違うな」と感じたことがあると思います。
「おぇっ」と吐き気がしたり、咳き込んだり、挙げ句は手足がぴりぴりしたりするアレです。あの感覚は抜けていたニコチンが急速に駆け巡っている証拠だったわけです。

ニコチンは殺虫剤にも使われるほどの猛毒

ご存じのように、ニコチンは法律(毒物および劇物取締法)で指定された猛毒です。青酸カリより毒性が強く、中枢神経に作用して、たばこ数本を水に溶かしてごくごく飲むと、大人でも急性中毒を起こして死んでしまいます。

screening「んな、おおげさな」。いえいえ、この強烈な毒性はおおげさでもなんでもなく、実はゴキブリ、ハエ、アブラムシなどを殺す殺虫剤としても19世紀ごろから使われていました

体内の生理作用で言いますと、ニコチンは7~8時間で肝臓の酵素の力で分解されて「コチニン」という物質に無害化されます。コチニンの血中半減期
は30時間程度と長く、主におしっことして体外に排出されるそうです。

「ニコチン(nicotine)がコチニン(Cotinine)?! ふざけているのか」と思ってしまうのですが、もともとが文字を並び替えて作るアナグラムだそうですから、おふざけといえばおふざけですね。

禁煙外来に行くと、コチニン検査をして、唾液、血液にどのぐらいコチニンが残留しているか調べたりできますが、この時、お医者さんが「おーい、コチニンやっといてー」と看護師に呼び掛けていても、これは業界通っぽく言ってみたり、ニコチンを言い間違えたりしているわけではないので、念のため。

生命保険に加入する際に「過去1年以内にたばこを吸っていない」と認められると「非喫煙者オプション」で保険料がぐーんと割引になるケースもありますが、この時保険会社が使う検査方法が「コチニン検査」です。

2カ月もあればニコチンはほぼ排出

さて、それほど毒性の強いニコチンですが、たばこを吸った時の開放感(のような脳神経作用による錯覚)は数分で消滅します。そしてコチニンとして体外に抜けるまでに30時間ですから、3日もあればニコチン自体の魔力は薄れてしまいます。個人差があるので厳密には難しいのですが、「30時間ごとに半分になっていく」いくので、計算上は2カ月もあれば、ほぼ体内には存在しないレベルになっているといってもいいと思います。

こう考えると、何とか最初の壁はクリアできるような気がしますよね。1998年にまとめられた「イギリスたばこ白書」によると、最後のたばこを吸ってからの効果はすぐに現れます。

白書をまとめた下表をご覧いただくと分かりますが、肝心なのは「1本分でも多くたばこを吸わないこと」です。1本吸わないだけで、ぐんぐん健康体に近付くのですから、イメージしやすいですね。

[table id=4 /]

 

-ニコチンの怖さ, 禁煙コラム
-, , , , , , , ,

Copyright© 禁煙を成功させる超ヒント集 , 2017 AllRights Reserved.