妊婦さんの禁煙が想像以上に大変そうなので応援してみる

男である筆者にとって「妊娠」は完全に想像の世界でしかないのですが、妊婦さんの禁煙について、リクエストがあったので調べてみました。

そしたら、いや、もう、これは「きつそう」のひと言です。

お腹に新しい生命が既に宿っている段階で「ゆる禁煙」なんでのんきな事は言ってられませんし、ただでさえ、体調が日々めまぐるしく変わる中で息が詰まりそうですし、「あれはダメ」「これもダメ」「それもダメ」と次々と行動制約を受ける状態です。

加えて、旦那さんを始めとする家族からのストレスやプレッシャーもあり、まさに「逃げ場なし」に追い詰められている妊婦さんも少なくないようです。

もちろん、たいがいの妊婦さんは赤ちゃんのため、頑張って禁煙しているようですが、Yahoo!知恵袋や発言小町などでは「赤ちゃんに『ごめんねごめんね』と言って、泣きながらたばこを吸っている」という方もいて切なくなってしまいました。

禁煙は当たり前と一蹴

産後のマタニティーブルーにも象徴されるように、妊娠から出産にかけて女性はホルモンバランスが崩れ、情緒的に極めて不安定になるとされます。最近ではヨガや軽運動などで精神的なバランスを上手く取るような方法も出てきていますが、それでもまだまだ肉体、精神ともに女性の負担は大きいのが現状です。

Big Brotherまた、喫煙する妊婦さんだと、家族や先輩ママ、産婦人科医から「禁煙は当たり前!」と一蹴される局面も多いようです。妊娠中でも「平気平気」とたばこを吸ってしまう大胆な妊婦さんもいるようですが、禁煙を「当たり前だから」と一蹴してしまうのもなかなか豪快な声のように思います。

たばこを吸うのがお腹の赤ちゃんに良くないというのは妊婦本人だけでなく、ごく普通の一般常識でもあります。だれも「赤ちゃんを苦しめてやる!」「赤ちゃんは病気をもって生まれてきて欲しい!」と思ってたばこを吸い続けているわけではないと思うのです。

そこには「禁煙したい」「でも、禁煙できない」という葛藤が潜んでいるはずなのですが、ここに理解が及ばないと、「正論」「正論」「正論」で責め立てられたばこを吸う妊婦さんはいよいよ苦しい立場に追いやられるような気がします。

妊婦さんは孤独?

「禁煙ができない妊婦? バッカじゃないの? 自覚が足りないよ」。勤め先で出産経験のある先輩に尋ねたところ、まさに一刀両断でした。

まさに正論、その通りではあります。経産婦であれば自分の出産経験が最大の経験であり、先輩ママ目線で他の妊婦もまたそうあるべきと思ってしかるべきでしょう。

さらに、妊娠と無関係な女性や、まったく妊娠の可能性がない男性にいたっては想像と伝聞の世界で「妊婦はおとなしく、赤ちゃんが生まれ来るのに全身全霊を尽くす」と決め付けているという部分があるのかもしれません。

これって、当の妊婦にとっては「理想の妊婦像」にチューニングを強要される感がある一方で、自分に寄り添って、自分を理解をしてくれる存在がいない「孤立」の状態な感じがします。この状態で、さらに禁煙にチャレンジするというのは、なかなか難しいのではないのかとも思えます。

なんとか支えていきたい

生命が新しい生命を生むというのは自然の摂理ではありますが、とてもすごいことだと筆者は感じます。その過程では肉体的、精神的変化からイライラしたり、悲しくなったりと相当なアップダウンがあることと思います。

妊娠中でなければ、ニコチンパッチやニコチンガム、あるいは医学の力を借りて、チャンピックスといった禁煙補助グッズを使うこともできますが、お腹の中で毎分毎秒成長する赤ちゃんがいる以上、薬の力をうかつに使用することもできません。

となれば、あとは自力で禁煙を成し遂げなくてはいけません。「自力でなんて、できるのか?」。確かに不安はあると思いますが、これは自覚や根性というよりも、意識や意欲を真逆に転換してみる必要があるのではないかと思います。

禁煙が遅すぎることはない

まず、「あぁ、また吸ってしまった。やはり私は弱い人間だ」と悩むのはやめましょう。吸ってしまったのは仕方ありません。吸った事実は事実として、そこからまた出発しましょう。禁煙には遅い、早いはありません。禁煙すればいつでも、だれでも、健康体へ必ず一歩近付きます。

「苦しい」「怖い」「なんか不安だ」「落ち着かない」「切ない」「イライラする」ーー。妊婦さんだけでなく、禁煙中の人にはみな大なり小なり、心の動揺が現れます。

この動揺から逃れよう、あるいは封じ込めようとすると依存症の心はいよいよ大暴れしますので、ここはレバーを真逆にガッシャンコと倒すイメージで、動揺する自分を受け入れてみるのも一手です。

これは筆者がよく使う手のですが、何かしらネガティブな感情がわき起こったら「うんうん。●●だよね」と丸ごと肯定して深呼吸します。それでも収まらない時は、屈伸して、水を飲むことでスイッチを入れ替えるようにしています。

必ず効くという保証はできませんが、「私は~ねばならない」の脅迫から解放されると心が軽くなること請け合いです。

妊婦さんと禁煙まとめ

冒頭でも書きましたが、妊婦さんの禁煙を応援することはできるとはいえ、筆者はやはり男ですので、完全に理解するというのは難しい部分がたくさんあります。そこで同性の視点からも言及があるサイトをまとめてみましたので、ご参考になればと思います。

スポンサードリンク

2 Responses to “妊婦さんの禁煙が想像以上に大変そうなので応援してみる”

  1. らて より:

    初めまして☆妊娠3ヶ月の禁煙できない妊婦です。ポラさんの記事を見つけて、私の気持ちをわかってくれる人がいる、味方がいるって禁煙を意識してから、旦那のプレッシャーに息が詰まる思いでしたが、初めて気持ちが楽になりました。軽い気持ちでたばこがやめられそうです。たばこを吸いたくなったらいつでもこの記事を見て頑張ります^ ^ありがとうございました^ ^

    • polaris より:

      らてさん、初めまして! コメントありがとうございます!

      人間誰でも長年続けてきた習慣を断ち切るのは難しいです。
      まして、たばこのように依存性の高いシロモノだと頭では理解していても、
      なかなか心がついていかないという局面も少なからずあるかと思います。

      らてさんがたばこを止めたいという気持ちをもたれることで、
      まず出発点としてOKなのではないでしょうか。

      いきなりやめる、ゼロにするというより1本吸うのやーめたと先延ばしを続けていく感じで、
      あまり無理に心を傷つけないで、ゆったり構えて自然とフェイドアウトさせていきましょう!

      旦那さんのプレッシャーも究極的にはらてさんと同じく赤ちゃんを思ってのこと。
      同じ方向を見ているご夫婦ですから、たばこの問題も解決できるのではないかと思います。

      禁煙失敗してもまた始めればいいんです。きっと大丈夫ですよ! 

コメントを残す

このページの先頭へ