禁煙を成功させる超ヒント集

禁煙を成功させるためのアイデアを紹介します

禁煙の方法 禁煙コラム 禁煙ニュース

禁煙すると毎月1万円のボーナス?! 「賭け」で考える禁煙

投稿日:2013-05-31 更新日:

禁煙をするのに大切なもののひとつは動機です。健康、病気、年齢、金銭などなど、とにかく動機さえ、しっかり意識されていると、たとえ1度や2度失敗しても、すぐにリスタートへ気持ちが切り替えられます。

筆者も禁煙失敗続きだったころに、動機付けのために友人と「賭け」に挑戦したことがあります。酔った席だったので、売り言葉に買い言葉でしたが「禁煙に失敗したら1万円やる」という約束でした。

意地もあったので、しばらくは禁煙を続けていましたが、やがて友人に見えないところで吸うようになり、数ヶ月後、それがとうとう友人の知るところとなりました。

筆者はここでグズるのも格好悪いと思ったので、「ほれ、1万円」と友人に手渡しましたが、友人は笑いながら「酒の席での口約束なので、賭け自体が不成立」と受け取らず、さらに「だいたいお前が禁煙できるなんて、端から思っていない。アハハ」と…。もう、悔しいやら恥ずかしいやら、何も言い返せず、ムキーっと顔を真っ赤するしかありませんでした。

誰と禁煙を賭けるの?

まぁ筆者の負け勝負はともかく、禁煙の動機として、賭けを通して、なんらかの「ご褒美」や「見返り」があると励みになります。

特にニコチンが体から抜けまでの3日~1週間程度の間は「ここさえやりきれば●●が手に入る!」という気持ちが喫煙への欲求や衝動を封じ込めるのに大いに役立つと思います。

では、どういう形での「賭け」が良いかとなりますが、1番手っ取り早いのは家族や友人、知人、同僚などを巻き込むことになります。でも、彼らがうまいこと話に乗ってくれるかどうかも分かりません。しかも、1日のうち限られた時間しか会わない間柄だと「隠れてたばこ吸う」ことをどう証明するかなど厄介さも残ります。

となれば「24時間、ともに過ごして、隠れて吸うかどうかもチェックできる存在」が理想的になります。そんなやついない? いえいえ、います。理想的な賭けの相手、それは自分です。自分と賭けてみるのです。

「自分と賭けるなんて審査が甘くなっちゃう」と危ぶむ声もありそうですが、人間、もう1人の自分を強く意識すると、意外とすんなりその環境を受け入れられたりするものです。

賭けのプライズはどうするの?

今度は「自分と賭けてもご褒美、見返りがない」という声も聞こえてきそうですが、既に喫煙者のみなさんは「素晴らしい原資」をお持ちのはずです。

そうです。日々チャリンチャリンと失っているたばこ代です。

presents1日1箱400円とすれば、1カ月で1万2000円1年間で14万4000円、10年で144万円です。仮に同じペースで20歳喫煙スタートで60歳まで吸ったとすると、なんと576万円にもなります。車が新車で買えてしまいますね!

視点をもう少し変えてみる

「うーん、なんかイマイチ説得力が…」という方、では「禁煙すると1カ月1万円のボーナスがもらえる」と考えてみてはいかがでしょう?

「禁煙するとお小遣いが月1万円アップ」でもいいかもしれません。本当、1日1箱ペースであれば現実のお話です。

月にあと1万円あれば、買い物や食事、趣味などバリエーションが広がって、ちょっとだけ楽しくなってきませんか?

楽しい賭けであれば、動機付けとしては十分すぎるくらいです。喫煙者であればチャンスは1カ月ごとにやってきますので、ぜひ自分との賭けを楽しんでみてはいかかでしょうか?

折しも きょう5月31日は「世界禁煙デー」です。切りの良い節目として、今日から禁煙を始めれば毎月月末に1万円ゲットできる計算になりますよ!

-禁煙の方法, 禁煙コラム, 禁煙ニュース
-, , , , , ,

Copyright© 禁煙を成功させる超ヒント集 , 2017 AllRights Reserved.