禁煙を成功させる超ヒント集

禁煙を成功させるためのアイデアを紹介します

禁煙のデメリット 禁煙の方法 禁煙コラム

禁煙中、猛烈な眠気に襲われた時は「ナップ」が効果的

投稿日:2012-08-27 更新日:

禁煙すると眠くなるというのはよく聞ききますね。

不意を突いて襲ってくる猛烈な睡魔は本当につらいものです。しかも場所やタイミングを選ぶことなく襲ってきますので、意識が飛ぶように「カクッ」としてしまった経験、みなさんもお持ちだと思います。

以前の記事でも紹介しましたが、脳のメカニズムから見れば、眠気が襲ってくること自体は脱ニコチン脳への健全なステップともいえるのですが、なんとか対処方法を見つけないことには、しゃっきりするために再びたばこに手を出すというバカバカしい悪循環に陥る危険もあります。

nap今回は、どうしもようない眠さに対して有効な「ナップ」(仮眠)で切り抜ける方法を紹介したいと思います。「なんだよ、寝ちゃうのかよ」と残念がるのは早計です。的確なナップは科学的にも集中力や判断力を一定度回復させる驚きの効果が実証されていますので、禁煙生活に上手に取り入れてみてください。たばこに再び手を出すより、よっぽどスッキリ、シャッキリしますよ!

最強の仮眠「パワーナップ」

さて、ナップ(仮眠)を取りましょうといっても、果たしてどのぐらい時間、眠ればよいのでしょうか?

実はナップにもいくつかの種類があります。このほどmashable.comで紹介されたインフォグラフィックWhy Your Office Should Have a Nap Room によるとそのタイプは5種類。

  • 【ナノナップ】(10~20秒)
  • ・電車で隣の人の肩にもたれかかるような浅い眠り。睡眠研究において効果があるかどうかは結論が出ていない。

  • 【マイクロナップ】(2分~5分)
  • ・眠気をぬぐい去るには驚くほど効果的。

  • 【ミニナップ】(5分~20分)
  • ・注意力、体力、学習能力、運動能力を増加(回復)させる。

  • 【パワーナップ】(20分)
  • ・マイクロナップとミニナップの効果に加えて、筋肉を回復させ、脳の無駄な情報を一層して長期記憶を促進させる

  • 【レイジーマンズナップ】(50分~90分)
  • ・徐波睡眠と呼ばれる深い睡眠を含む。知覚処理能力が改善に効果。成長ホルモンの分泌され、骨や筋肉の修復を促進

この中で、禁煙に伴う睡魔に効果が高いのがパワーナップです。

「パワーナップ」はコーネル大学の社会心理学者ジェームス・マースが提唱する「最強の仮眠」とも呼ばれる睡眠法です。兵士や運転手、エンジニアに「パワーナップ」を行わせる企業も欧米では珍しくありません。実際のところ、Googleやナイキも社員の仮眠を推奨しています。

寝過ぎは禁物

さらにカリフォルニアのソーク生物学研究所研究員のサラ・メドニックさんによれば、昼寝20分の方が朝20分寝るよりも8時間分のスタミナを得られるといいます。

「20分なんて忙しいから無理~」という方であっても、禁煙に伴う眠気への対処方法であれば、2分でも効果ありです。メドニックさんは推奨の仮眠を「最大20分」としていますが、短時間であるよりも「20分以上の長時間寝過ぎてしまう方が問題」と力説しています。

寝過ぎが心配であればアラームとカフェイン

寝過ぎてしまうのが逆効果であれば、「しっかり20分で目覚められるか」という問題が残りますが、携帯やスマホ、タイマーなどのアラーム(バイブ)を使うのも手ですし、パワーナップをする前にカフェインを取るというのも一案です。

カフェインは覚醒作用がありますが、摂取してから効果が現れるまで「20分~30分」の時間差があります。ですから、パワーナップ前にカフェインを取っておくと、ちょうどよく目覚められるという訳ですね。

禁煙中の眠気はしつこくて何度も襲ってきます。無理をして顔を洗ったり、飲み物を飲んでも限界がありますので、いっそ「最強の仮眠=パワーナップ」で心身ともにリフレッシュしてしまうのがおすすめです。

「ちょっと寝」があなたの人生を変える!

サラ・C. メドニック,マーク アーマン サンマーク出版 2008-02
売り上げランキング : 800503

by ヨメレバ

-禁煙のデメリット, 禁煙の方法, 禁煙コラム
-, , , , ,

Copyright© 禁煙を成功させる超ヒント集 , 2017 AllRights Reserved.