タモリ式禁煙方法が簡単なのに抜群の破壊力

休日は台所に立つのが趣味なのですが、先日はタモリ流カレーに挑戦しました。家族には大絶賛され、タモリさんに感謝したのですが、その際、タモリさんつながりで偶然発見したのが「タモリ式禁煙方法」です。

もうタモリさんといえば、あらゆる分野に精通している巨人ですが、禁煙方法も素晴らしいです。ご存じの方も多いと思いますが、「1日60本以上吸っていた」というタモリさんがスッパリとたばこをやめられた方法を紹介します。

煙草が吸いたくなったら15秒数える

今回の禁煙方法、「笑っていいとも」でのタモリさんとゲストとの会話が元になっています。

タモリ式禁煙法とは、煙草が吸いたくなったら15秒数えるという方法だ。
はじまりは、『笑っていいとも』2001.3.7のタモリさんと小野武彦さんの会話から

小野さんがニコチンワッペンで禁煙に成功したという話の流れで

小 野「(煙草を)止めたいですか?」
タモリ「いや、もう止めました」
小 野「あ!偉い。(ニコチンワッペン)無しで?」
タモリ「無しで。知らなかったんです、それ。無かったんじゃないかな?」
小 野「それはすごいですよ」
タモリ「1日60本くらい吸ってました」
タモリ「吸って吸ってもう」
小 野「ねえ」
タモリ「それでもう。僕がきいたのはタバコを吸いたいって欲望は15秒続かないって聞いたんですよ」
小 野「うん」
タモリ「吸いたいと思ったら15数えてたんです」

出典:タモリ式禁煙法

Ray-Ban1,2,3,…と15まで数える―。実に簡単な方法ですね。「欲望は15秒続かないから15数える」という表現は大切です。タモリさんは自己暗示を上手に使っていて「吸いたい欲望=消える」と確信しています。もしこれが、「吸いたくなったら15秒我慢する」だったら失敗していたかもしれませんね。

タモリさんの言う「15秒ルール」の根拠は不明ですが、ストレスや焦り、動揺などを感じた時に、数を数えたり、深呼吸や瞑想したりすることで、緊張を解きほぐし、リラックスするというセルフコントロール方法は古来から存在します。

タモリ式禁煙法、シンプルで簡単ですが、さすがタモリさん、とても奥が深いです。タモリさんやスキルやノウハウをまとめた記事もとても勉強になりました。セルフコントロール方法については当ブログでもいくつか紹介してますので、参考にしてみてください!

【過去記事から】

なぜ、タモリさんは「人の懐」に入るのが上手いのか?

内藤 誼人 廣済堂出版 2012-01-14
売り上げランキング : 28599

by ヨメレバ

スポンサードリンク

One Response to “タモリ式禁煙方法が簡単なのに抜群の破壊力”

コメントを残す

このページの先頭へ