禁煙を成功させる超ヒント集

禁煙を成功させるためのアイデアを紹介します

たばこの臭い 禁煙のメリット 禁煙コラム

【チェック項目別】マイカーは禁煙車にした方が良い? 

投稿日:

みなさんの車は喫煙車ですか? 禁煙車ですか? 最近の車は灰皿自体がオプションになっていたり、シガーライターも付いていなかったりしますが、「車の中ぐらいタバコ吸わせてくれよ」というスモーカーの方もまだまだ多いと思います。

私も喫煙者だったころは、車内でたばこを吸っていました。吸うときは窓を細く開けたり、臭いがひどくなってきた時はファブリーズをかけたりしていましたが、法事で親戚の子どもを車に乗せた時、「おじさんの車くさい」と一発で嫌われてしまいました…。

マイカーは個人資産ですので、たばこ吸うも吸わないも自由です。自由ではありますが、たばこをやめてみると、禁煙車の素晴らしさというのも見えてきます。参考程度ではあるかもしれませんが、今回は禁煙車についてチェックポイント別に紹介してみたいと思います。

禁煙車のメリット

  • 1:車内が臭くない
  • おそらく、禁煙車と喫煙車を分ける最大のポイントは臭いだと思います。たばこの臭い対策まとめでも紹介しましたが、アンモニアやアセドアルデヒド、スカトールなど200種類以上の有機化合物が悪臭元となっていますので、いったん臭いが車内につくと、スモーカーの想像以上にしつこく残ります。

  • 2:車内の汚れが少ない
  • たばこからはタールが含まれた煙が出て車の内装やエアコンを汚してしまうほか、灰もあちこち飛んでいきます。私のように窓を開けて吸っていても、ダッシュボードの端っこやシートの下などに空気のよどみやすき間に入り込んで汚れや臭いを生み出す原因となっていきます。

  • 3:同乗者に嫌がられない
  • たばこを吸わない人や子どもからみれば、喫煙者の車は相当臭いです。たとえ一緒に乗っている時に吸わなくても、シートや内装から臭いは漂ってきますし、また吸い殻が大量に残っていると、それだけで「おぇッ」と吐き気を催してしまう人も少なくありません。敏感な方だと頭痛やめまいを起こしてしまう方もいるようです。
    car's seat

  • 4:中古車査定で減額にならない
  • マイカーの買い換えなどで、買い取り査定をしてもらうこともあると思いますが、たばこは減額対象です。本音とすれば1円でも安く買い取りたいわけですから、「喫煙車」というのは大きなアドバンテージを業者側に与えてしまうことになります。

    以前、私が買い取り査定をお願いした大手業者の担当者さんは「喫煙車、即減額ではないが内装、エアコンの汚れや痛みはがっちり見ますよ」と話してました。

  • 5:禁煙車は査定で高評価
  • 4の裏返しになりますが、禁煙車はそれだけで中古車買い取り査定アップ対象です。中古車も飲食店や各種施設と同様に「たばこは吸うが禁煙車、禁煙席希望」という方は非常に多いのはみなさんもご存じの通りです。

    中古車展示場に行って、並んでいる車をご覧になると、「禁煙車」は大きくアピールされている点からも納得いただけると思います。

  • 6:車内清掃が楽ちん
  • これも2と関連しますが、たばこの臭いは本当にしつこいので、ガソリンスタンドで掃除機かけて拭き掃除してもらうぐらいのサービスでは除去しきれません。シートを外してスチーム洗浄などをする専門業者に依頼すると3万~8万円ぐらいはかかってしまいます。それに比べると禁煙車は普通ごみや髪の毛など、一般的なごみの掃除で済ませられますので楽ちんです。

「マイカーは禁煙車に?」のまとめ

2002年8月の健康増進法施行により、受動喫煙防止対策として教育機関、医療機関、公共施設、飲食店などでの禁煙が訴えられるようになりました。このような状況下でスモーカーにとって「マイカーは最後の聖域」かもしれません。

ですが、元禁煙者の立場からみれば、たばこは体にとっても車にとっても、その場限りの一服で済まず、喫煙後後も有害物質や悪臭が累積ダメージとなる点は無視できないのではないかなと思います。

-たばこの臭い, 禁煙のメリット, 禁煙コラム
-, , , ,

Copyright© 禁煙を成功させる超ヒント集 , 2017 AllRights Reserved.