喫煙者を苦しめる、死よりも残酷な病気「COPD」

常習的な喫煙者で、ニコチン依存症の自覚がある方、ひょっとして息をするのが苦しくありませんか? 胸の辺りに圧迫感があって、意識的に吐き出すようであれば注意が必要です。More Than Terrible Death、死よりも恐い病気「COPD」(慢性閉塞肺疾患)のせいかもしれません。

COPDは進行を遅らせることしかできません

COPDはたばこなどに含まれる有害化学物質を吸い込むことで、気管支や肺胞などに慢性的な炎症が生じ、肺機能が徐々に蝕まれていく病気です。肺胞はぶどうの房のような形をして、主に血液中の二酸化炭素と酸素を入れ替えるガス交換を担うとても大切な場所ですが、COPDが進行してくると、組織の中の壁が不可逆的に壊れ、肺本来の伸びたり、縮んだりという呼吸が阻害されてしまいます。

COPDの主原因はたばこ(患者の90%が喫煙者!)であることから「肺の生活習慣病」ともいわれています。WHO(世界保健機関)によれば、2005年段階で、世界中で500万人がCOPDにより死亡しています。

厚生労働省や日本呼吸器学会などの統計によると、日本国内では2007年に14,907人が亡くなっており、死亡原因の第10位となっています。国内の潜在的な患者数は500万人いると推計され、年々増えていってるのが不気味です。

COPDに罹るとどうなるのか

代表的な症状には以下のようなものがあります。

  • 息切れ

  • 慢性の咳・たん

  • 喘鳴(喘息のように「ぜぇぜぇ」する)

さらにCOPDが進行してくると、

  • ビア樽胸

  • 肺胞が壊れ、肺が膨らみっぱなしになるので、偉い人みたいに胸を張っているような状態になる

  • 口すぼめ呼吸

  • 口を尖らせて、肺に圧力をかけないと呼吸できない

といった症状が現れてきます。

治療のステップは

  1. 禁煙
  2. COPDの進行を食い止めるには禁煙しかありません

  3. インフルエンザなどのワクチン接種
  4. COPD患者は風邪やインフルエンザが猛烈に悪化しやすいため

  5. 薬物療法
  6. 肺胞は元通りになりませんが、気管支拡張剤を使って気道を広げ息切れを和らげます。

  7. 呼吸リハビリ
  8. 医師の指導で腹式呼吸を学んだり、持久力をつける運動などに取り組みます。

  9. 在宅酸素療法(HOT)
  10. 低酸素血症のため、自宅に酸素濃縮期を設置し、日常的に酸素のお世話になります。症状に応じて呼吸器機能障害として身体障害者手帳が交付されます。携帯できる液体酸素(高価!)を使えば、数時間程度なら外出が可能です。
         

  11. 気管内挿管と人工呼吸器
  12. 感染症などにより急性の症状が起きるなど末期症状の場合、呼吸を確保するために使います

この病気が真に残酷なのは「初期は無症状で、じわじわと進行し、しかも治らない」という点です。つまり「気付いた時には手遅れ」のケースが非常に多いです。

photo credit: Photoforía via photopin cc

photo credit: Photoforía via photopin cc

現代の医学では、一度壊れてしまった肺胞を元通りにする技術はありません。COPDに罹ってしまうと、肺機能は低下する一方です。早期に適切な治療をほどこせたとしても、悪化をできる限り食い止めることしかできません。そうです。もう若いころのような元気な肺は二度と戻ってこないのです。

想像してみてください

あなたがたばこを一口吸う度に、小さなぶどうのような肺胞がブチブチと破壊されていきます。最初は動くときだけ息苦しかったのが、だんだんとじっとしていても体全体で息をするようになってきます。運動や外出が苦痛になり、子どもとディズニーランドにいったり、家族で温泉旅行にいったりすることも難しくなってきます。

COPDの進行はゆっくりです。毎日少しずつ出来ることが限られてきます。入浴、トイレ、着替えなどなど、生活のあらゆる動作で介助が必要となります。たばこの害でいえば、がんが有名ですが、がんは切除するという外科的な手法がありますが、COPDはそうはいきません。死ぬより残酷な病気というのが納得いただけたでしょうか。

COPDに犯され始めているかかどうかは、呼吸内科でスパイロメーターという検査をすれば分かります。現在の病院はたいがいは一緒に禁煙外来も併設しているかと思いますので、自力での禁煙が難しい場合、医師に相談するのがおすすめです。

最後に、YouTubeにあるCOPD患者のメッセージを転載しておきます。原文は英語ですが、右下にある「▲」マークに格納されている「CC」マークを押すと、字幕と翻訳が表示できますので(めちゃくちゃな翻訳ですが)、おじさんの伝えたいことはなんとなく理解できるかと思います。

肺が危ない! (集英社新書)

生島 壮一郎 集英社 2010-06-17
売り上げランキング : 259883

by ヨメレバ

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ