たばこを吸いたい欲求を生むメカニズム解明へ前進

近い将来、たばこが吸いたくなる欲求をあっという間に消し去る治療法が生まれるかもしれないー。

理化学研究所(理研、野依良治理事長)が2013年1月29日付プレスリリースによれば、理研の分子イメージング科学研究センター分子プローブ機能評価研究チームなどによる共同チームが「タバコを吸いたい気持ちを自己制御する2つの脳部位」を発見したそうです。

今回の実験では映像、主に視覚欲求からくる「吸いたくなる気持ち」を対象としたようですが、「吸いたい」「吸いたいけど我慢」を司る脳部位が分かれば、吸いたい欲求を生み出すニコチン依存症の解明や治療法開発に道が開けてきそうです。

今回の実験結果をざっくり解説

実験の詳細は理研サイトをご覧いただくとして、抜粋として研究結果をまとめてみます。

  1. たばこを連想させる視覚刺激を見る(喫煙シーンなど)
  2. 刺激を受けた時の脳活性化部位を特殊なMRIで観察
  3. 欲求の強さに関わる部位が「前頭前野の腹内側部(眼窩前頭皮質)」だと発見

  4. さらに欲求を促す部位が「前頭前野の背外側面(背外側前頭前野)」だと発見
  5. 「前頭前野の背外側面」に磁場を当てると欲求の変化が起きない
  6. 喫煙など依存は、この前頭前野の腹側と背側の連携で生まれてるみたい
  7. この連携の仕組みを解明すれば治療法も作れるかも!

禁煙治療確立へさらなる研究を

理研チームのリポート抜粋では、ヘビースモーカーの話を持ち出し「長時間のフライトでもタバコは我慢できるけど、着陸後に吸えると思うと落ち着かなくなる」という心理に触れ、「欲求の強さはその場でタバコが入手できるのか?喫煙が可能か?などの状況で変化することが知られています」としています。

素人考えでは、スモーカーは、周辺状況から総合的に判断して、こっそりたばこを吸うことに「許可」を与えているのかもしれません。長時間フライトの例は「許可が下りない、下ろせない状況では我慢できちゃう」という心理が働いているという感じですね。

理研チームの今回の発見は依存症の脳を知る上で大きな手がかりとなることは間違いないでしょう。とはいえ、依存症の仕組みと治療方法が確立されるには、視覚以外の刺激との関連や快感を生み出すドーパミン報酬系とのつながりなど、さらなる研究が必要なようです。依存症に苦しむ患者さんを救うためにも理研には今後も頑張って欲しいですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ