本当に20歳若返る?! 話題の南雲吉則本を読んでみた

最近、あちこちで話題になっている南雲吉則さん。
「なぐも」とお読みするんですね。

56歳の乳腺専門医。見た目が30代に見えるだけでなく、
脳年齢38歳、骨年齢28歳、血管年齢26歳と若々しいことこの上ないかたです。

タバコは完全否定

読んでみたのはこの本です。

予想通り、タバコは完全にダメでした。
喫煙者に近付くことすら避けようと言ってます。

元喫煙者としても、ちょっと厳しい指摘かなと思っていたのですが、
南雲先生、タバコ完全否定どころではありませんでした。

こ、これを全部実践するんですか?

・朝起きたらすゴボウ茶を飲む
・夕食のみの一日一食。
・野菜は火を通して丸ごと食べる。
・魚も頭ごと、腹ごと、骨ごと食べる。
・腹六分目に食べるようにする。
・糖分、塩分、脂分を控える。
・禁煙する。
・肉を食べない。
・カフェインを摂らない。
・紫外線を徹底的に避ける。
・毎日30分間のウォーキングをする。
・激しい運動は絶対にしない。
・夜10時から午前2時までの時間帯に熟睡する。

徹底ぶりにびっくりしました。
2日だけやってみましたが、続きませんでした(хх,)

vegetarian南雲先生は紫外線対策で常に日傘を差しているそうですし、
家族とは冷蔵庫も食事も別なのだそうで…。

先生の理論はシンプルで「空腹にすると生きようという力が働く」というものですが、
信念を持ってやらないと難しそうです。

ずっと続けられそうなのはゴボウ茶

南雲先生、ごめんなさい。
先生が提唱するアンチエイジング法で、
ずっと続けられそうなのは、ゴボウ茶だけでした。

抽出時間にもよりますが、ゴボウの香りがなかなか癖になり、
コーヒーの代わりに飲んでます。

スポンサードリンク

2 Responses to “本当に20歳若返る?! 話題の南雲吉則本を読んでみた”

  1. やっぴえろ より:

    こんばんは、ぽらさん!

    南雲さんて、テレビで見ると若いですけど、
    本の写真を見るとそうでもないですね。。。

    50代くらいでしょう。。。

    と思ったのは、僕だけでしょうか?^^

    ごぼうは繊維質なのだから、
    きちっと老廃物がでそうですね。

    • polaris より:

      やっぴえろさん、こんばんは!
      ちょっとごたついてご無沙汰しています< (_ _)>

      南雲先生、若いと言えば若いし、
      若くないと言えば若くないし、ちょっと微妙な感じですよね。

      ただ、本を読んでみて思ったのは
      「すごい」の一言です。尋常じゃないです。精神力が…(хх,)
      仙人みたいで、凡人にはついて行けません。

      ゴボウ茶はかなり気に入ってます。
      デトックス効果でしょう。すっきりしてますよ(^^

コメントを残す

このページの先頭へ